リマテック九州株式会社

  1. 代表者あいさつ

代表者あいさつ

 リマテック九州株式会社は、2014年4月に実施した持株会社制への移行に伴い、リマテック株式会社から分社化し誕生しました。

当社の沿革は、1974年当時、海洋汚染の主原因であった産業界から排出される、廃油や廃液を処理すべく、大阪府岸和田市に近畿環境興産株式会社として設立されました。その後、1988年に大分県臼杵市野津町に、近畿環境興産株式会社九州工場の建設を開始し、翌年の1989年(平成元年)から中間処理プラントの稼働を始め現在に至っています。

 事業としては、「資源リサイクル事業」を基軸とし、排出事業者様より処理を依頼された産業廃棄物を原料として、弊社独自の中間処理技術で99.0%以上のリサイクル率にて、セメント社様向けの再生燃料(商品名:RF)を年間5万5千トン製造し、日々納めさせて頂いています。
これにより、新たな石炭等の化石燃料の消費削減に繋がり、結果として地球温暖化の原因と云われている、大気への二酸化炭素放出を抑えることに寄与しています。

 また、当社メンテナンス事業部では、事業主様所有施設の各種配管内の高圧洗浄や、薬品タンク内部清掃作業等を請け負っており、メンテナンス作業から収集運搬・廃棄物処理までの一貫サービスの提供等にもお応えし、大変ご好評を頂いています。

 弊社のお取引先は、九州全域と四国および中国地方の一部を含む広範囲であり、廃棄物に関わるあらゆるご相談に適切にお応えできるよう、社員一同、日々スキルアップに努めています。

 更には、グループ会社には、「再生可能エネルギー事業」に精通した会社もあり、現在社会の中での様々な環境課題に対しても、幅広くご提案できることと思います。

 最後に、弊社は緑あふれる素晴らしい自然環境の中で事業をさせていただいています。ISO14001(環境マネジメントシステム)およびISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)認証取得企業としての自覚を持って、「これからも全てのステークホルダーの皆様に信頼され、地域との共存共栄を図りながら、地域に信頼される会社であり続けたい」と思います。

 今後とも一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

リマテック九州株式会社
代表取締役 矢野真一郎

Go Top